沿革

沿革
大正8年 3月 大阪市西区九条南通3丁目に古林源也の個人経営を以って古林商店を創設し、鉄管及び鉄管継手の販売を開始
大正12年 3月 大阪市西区九条南通4丁目に鉄管継手(ベンド、ニップル、ソケット等)の製造工場を設立
昭和14年 3月 工場部門を分離し、大阪市西成区津守に古林工業(株)を設立
昭和20年 3月 空襲により、営業所、倉庫、商品共全焼し以後1カ年休業
昭和21年 6月 西成区津守、古林工業(株)内に仮営業所を設け再出発
昭和25年 7月 現所在地に新築移転
昭和46年 9月 堺市草部605 番地に系列会社、堺管材(株)を資本金1,000 万円で以って設立
昭和48年 1月 代表取締役社長 古林源也 逝去、同月代表取締役 高田卓郎が社長就任
昭和50年 2月 福岡支店、広島支店、開設
昭和57年 12月 立売堀4丁目に鉄筋コンクリート5階建ての本社社屋新築
昭和57年 12月 新町4丁目に鉄筋コンクリート4階建ての配送センター新築
昭和63年 6月 太住管材(株)を経営傘下に置く
平成6年 9月 岡山営業所開設
平成8年 3月 北関東支店開設
平成10年 10月 鹿児島営業所開設
平成12年 3月 西関東営業所開設
平成14年 12月 仙台出張所開設
平成23年 2月 代表取締役社長 高田卓郎 逝去、同月代表取締役 古林潤也が社長就任
平成30年 4月 代表取締役社長に古林達也が就任
平成31年 3月 太住管材㈱を堺管材㈱へ吸収合併する
平成31年 3月 古林グループ創業100周年を迎える